IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色
IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色

IMPHY フォームローラー スタンダード 新色3色

¥4,378
税込み 送料は決済時に計算されます。
Color
Dark Night
Child Swan
Purple Dragon
フォームローラーに数量限定カラー3色が新登場!

・白鳥の雛をイメージ、リビングや寝室に溶け込む上品な色合いが特徴 "Child Swan"
・静まり返った森の夜空をイメージしたスタイリッシュなカラーリング "Dark Night"
・神秘的で鮮やかな南国果実のパープルドラゴンフルーツのポジティブカラー "Purple Dragon"


定番カラーのフォームローラーはコチラ!



筋膜を幅広く効率的にストレッチ!
姿勢改善、関節可動域を広げ、血行促進、疲労回復!

3種のグリッドが表層筋膜を刺激し、ハリを解放!自重をかけながらコリやハリの強い部分にあててロールするだけ。表面積が広いため全身の表層筋膜を均等に圧迫ほぐしができます。
スタンダードタイプ(33cm)は、ハードタイプ(38cm)と比べ皮膚にやさしい絶妙な柔らかさ! 女性や筋肉量の少ない方におすすめです。

商標登録第6471817号


■カラー
・スタンダード
定番5色(Citrus,Berry,Smoke,Opal,Latte)+限定カラー3色(Child Swan,Dark Night,Purple Dragon)

・ハード
全1色(Fire)

※モニターの発色具合によっては実際の商品と見え方が異なる場合がございます

■サイズ
・スタンダード
長さ:約33.0cm×直径:13.8cm
重量:約622g

・ハード
長さ:約38.0.0cm×直径:13.8cm
重量:約844g

素材:EVA、ABSチューブ



■使用方法
1. 使用前に
入浴や準備体操をして身体を温め、暖かい場所でご使用ください。床の上に置いて使用部位にあてがいご使用ください。

2. 圧迫時間
1か所につき30秒以内の圧迫にし、トータル10分以内でご使用ください。

3. 圧迫の仕方
圧迫箇所にあてがい自重により圧迫をかけて、前後に転がしてください。初めは軽くそして徐々に圧迫を強くして筋膜をほぐしていきます。正しい姿勢でリズミカルに軽く圧迫するようにご使用ください。筋肉が収縮するほど強くしすぎたら直ちに中止し、圧迫を軽くして行ってください。圧迫の強弱は手・足・お尻などの身体の一部を床に付いたり、フォームローラーを持つ腕の突っ張り具合で調整してください。

■使用上の注意
頸椎、腰椎、膝への圧迫は避けてください、特にフォームローラーは自重がかかりやすいので関節を痛める可能性があります。製品の使用が向いているかどうかわからない場合は医師や理学療法士にご相談ください。使用中に違和感があったり悪化しそうな場合は直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。怪我をした部分や皮膚に炎症がある部位、お酒を飲んだ時、体調が悪い時には使用を控えましょう。


“フォームローラー使い方"

Recently viewed